新築

住宅ローンってどうやってお金を借りるの?

投稿日:

住宅ローン

住宅ローンってどうやってお金を借りるんでしょう?

「どこに相談すればいいのか?」

「何千万円って大金実際借りれるのか?」

今から家づくりをされる際にお金の問題に直面される方は必ずいらっしゃいます。

何千万円ってお金を借りる機会ってなかなか無いですよね?

 

さて、、、どこに相談しましょう。

ウスメーカーや工務店に相談!

個人で銀行に行かれ事前審査を行ってから、家づくりの相談に来られるお客様って結構いらっしゃいます。

ご自分で調べて行かれるのって、時間と労力もかかりますので凄い事ですよね?

但し、地域性もあると思いますがハウスメーカーや工務店など、普段から銀行と取引がある会社から紹介されて住宅ローンの相談をした方がお得な場合が多々あります!

事前審査

最初に銀行でお金を借りる場合、事前審査(お金を借りれるか、前もって銀行で判断してもらう事)が必要になります。

「自分で銀行に相談して事前審査が通らなかった」

「3000万円借りたかったのに、2700万円しか借りれなかった」

事前審査を行うと、審査機関に約5年は記録として残ります。

紹介で銀行に事前審査をしたとしても、以前に事前審査が通っていなかった記録がある為に、借り入れが出来ない事もあります。

あの手この手を尽くして、しっかり書類を作成し(偽装ではありませんよW)事前審査を行っていたら普通に借り入れできたのにもったいないってケースも良くあります。

金利優遇、諸経費

「自分で銀行に行って手続きを行い事前審査が通りました!」

ですが、、、。

「住宅ローンの優遇金利が受けれていない」

「銀行の手続きにかかる諸経費が高い」

これも、ハウスメーカーや工務店が日ごろからお付き合いしている銀行を紹介してもらって相談した方が、住宅ローンの金利優遇を受けれたり諸経費が安くなるケースがあります。

銀行の比較

銀行を紹介って言っても色々な銀行がありますよね?

銀行それぞれのサービスを比較し、自分にあった銀行を選ぶ事も大事です!

例えば、、、。

A銀行

住宅ローンの金利優遇を受けれて金利が安かったのに、保険の内容を充実させようとすると金利が高くなる。

B銀行

金利はA銀行より高いけど、サービスが充実していて保険の内容が安心。

C銀行

金利は一番高いけど、諸経費が一番安く、500万円まで住宅ローン以外の費用、家具家電やマイカーローンまで組み込める。

 

仮にABCと実際にある銀行で比較してみても、銀行のサービスは色々あります。

優遇金利サービスの比較を行って、諸経費まで計算に入れて最終的にどれだけ返済しなくてはいけないのか、、、。

 

これを自分で判断するのって大変ですよね?

まとめ

今、説明した内容以外にも「住宅ローンの年数」「連帯債務にしない方が良いの?」「自己資金を入れた方が良いの?」「地方銀行で

はなくネットバンクや、フラット35で借入は得?」など色々な疑問があると思います。

そんな疑問も弊社は、色々なアドバイスを交え、お客様にあった借入先を相談しながら家づくりの準備をさせて頂きます。

 

家づくりの疑問はここから↓

無料相談フォーム

お問合せお待ちしております♪

 

 

-新築
-, , , , ,

関連記事

【メーカー比較】おしゃれなシステムキッチンメーカーは!?

キッチンは女性にとって快適であってほしいのはもちろん、さらにおしゃれであればお料理するのも楽しくなることまちがいなし! 最近ではおしゃれなシステムキッチンがたくさん出回っていて、どこのメーカーにしよう …

福井の新築マイホームで失敗しない間取りを考えるには?

新築マイホームを建てる上で、絶対に決めなければならないのが「間取り」です。間取りはその家で暮らすうえで、暮らしやすさを左右します。そのためじっくり考える必要があります。 先輩夫婦もじっくり間取りを考え …

子育てママ必見!家事がラクラクはかどる理想の新築間取り図

子供がハイハイをし出すと、ママは子供からちょっとの間も目が離せなくなりますよね。 しかし、ママには料理やあと片付け、掃除に洗濯とやらなければならない家事がたくさん…。 せっかく新築を建てる …

福井で親御さんと同居!二世帯住宅で新築一戸建てを建てるポイント

近年、福井でも二世帯住宅の建設が増えてきているようです。 理由としては、両親の高齢化や実家の老朽化が挙げられ、息子世帯の収入源も背景にあるといわれています。 子供の面倒も親が見てくれるという利便性から …

家の建築費をコストダウンさせるテクニック大公開!

マイホームを建てるのにほとんどの方が住宅ローン融資を受けると思います。しかし銀行がお金を貸してくれるからといって、何でもかんでもコストをかけてはいけません。 限られた予算の中で、こだわるところ捨てると …