新築

家の建築費をコストダウンさせるテクニック大公開!

投稿日:2018年12月20日 更新日:

マイホームを建てるのにほとんどの方が住宅ローン融資を受けると思います。しかし銀行がお金を貸してくれるからといって、何でもかんでもコストをかけてはいけません。

限られた予算の中で、こだわるところ捨てるところを取捨選択することが重要です。

ここでは無駄のない住みやすい家をつくるためコストのかけ方をお伝えしていきます。

ここはコストダウンしてはいけない

家の建築費用をコストダウンさせることは重要ですが、コストダウンしてはいけない部分があります。

第一に「安全面」です。

建物の基礎や構造に関わる部分は、ケチってはいけません。予算を割くことができないという理由で、地盤調査をおろそかにするのはもってのほかです。初期費用はかかりますが、地盤調査を行い、自分の敷地の状態は自分でしっかり把握しておく必要があります。

また「健康面」においてもコストダウンしてはいけません。健康な暮らしができるよう、日当たりや風通しなどの基本的な快適さが必要です。例えば、壁面に窓を設けにくいなら費用がかかっても天窓をつけたり、音が気になるなら防音対策をしておくことです。

心身ともに健康でいられる家づくりを目指しましょう。

 

外観はできるだけシンプルに

家づくりを一番ローコストで建てるためには、家の形を四角い箱型にすることです。凹凸があればそれだけ壁の量が増え、壁や基礎部分の材料費も工事の手間賃も余計にかかってしまいます。

土地の形によっては四角い建物が建てられない場合がありますが、できるだけ凹凸の少ない家にしましょう。また屋根の形についても複雑な形にするのではなく、シンプルにすることをおすすめします。

特に一番コストがかからないのは、勾配のゆるい切り妻屋根です。平らな陸屋根や屋上利用などは防水の面にコストがかかってしまうんです。

 

間仕切りの少ない間取りにしよう

家の中についても同様、壁の数や面積が少ない方が材料費も大工の手間も減らすことができます。

部屋数を多くするとそれだけ間仕切り壁が増えてしまい、建具もそれぞれ取り付けなければなりません。移動だけが目的の廊下をなくし、LDKをワンルームにすることも有効です。

入居後に家具やパーテーションで区切ったり、下地だけ準備してあとから壁を増設してもよいです。できるだけオープンな間取りにしておけば、コストダウンを図ることができます。

 

水回り設備ではどここ優先?

料理道具がすっきりしまえて料理がはかどる、機能的なキッチンはあこがれますよね!

しかし、システムキチンは高い・・・というのが現状です。ローコストでも使いやすいキッチンを使いたいなら、オリジナルで作ってみても良いでしょう。カウンターを料理しやすい高さにし、料理道具のサイズに合う収納を作り、ワゴンを組み込んだりするなどオーダー感覚で相談してみるのも良いですね。

木工事で調理台や収納を作り、板金屋さんにステンレスを張ってもらい、建具屋さんに扉を付けてもらうというようにするとコストを抑えられます。

浴室の場合は、既製品が一番コストが少なくて済みます。浴槽から壁や床までパッケージになっており、設備も組み込まれたユニットバスとなっているので、防水工事も必要ありません。

 

配管の計画は慎重に

水道管が短くてすめば、材料費が安くなり、配管の工事費も抑えられます。キッチン、お風呂、トイレ、洗面所などの水回りはできるだけ近くなるように計画すると良いです。

またフロアごとに近づけるだけでなく、上下階でも位置を揃えるとベストです。

キッチンとサニタリーが近ければ、調理をしながら選択することができ、家事がしやすいメリットがあります。

将来、メンテナンスをする場合であっても、配管がまとまっていた方が楽です。

 

見積もりは何社くらいにすればよい?

何社くらいの建築会社に見積もりをお願いすればよいのかわからないかたも多いと思います。

見積もりを依頼する場合、3~4社程度までに抑えておくと良いでしょう。2社だけだと高い安いの判断しにくく、金額が適正かどうかわかりません。5社か6社になってしまうと、ごちゃごちゃになり整理できなくなる人がほとんどです。

熱心な営業マンに見積もりを依頼した場合は、他社に見積もりを依頼すると失礼と思うかもしれません。

しかし、合い見積もりは業者にとって当然のことですし、担当者にはっきりと伝えておけば問題ありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。家づくりにおいてコストダウンするテクニックをお伝えしてきました。

家づくりにおいてコストダウンしてはいけない箇所もありますが、コストダウンできるところは業者に相談してみると良いでしょう。

クラフィットハウスでは、ローコストでお客様に満足いただける家づくりを行っておりますのでお気軽にご相談ください。

建築コストを抑えても納得のいくマイホームが建てられるといいですね!

-新築
-, , , ,

関連記事

【福井で新築一戸建て】失敗しない土地の選び方5選

「結婚して頭金も貯まったし、念願のマイホーム建てるぞー!」 福井の持ち家率は75.7%と全国3位を誇るので、福井に住んでいる多くのご夫婦がそう思われるかもしれません。 しかし、新築の一戸建てを建てると …

【知らなきゃ損!】福井で新築一戸建てを建てたら受けられる減税制度

福井県は持ち家率76.5%で全国4位となっています。 これから結婚や出産をされる方はマイホームの建設を考えられるでしょう。 しかし、新築の一戸建てを建てるとローンの返済や税金の支払いを行っていかなけれ …

福井で新築マイホームを買うまでの流れをまとめてみた

結婚や出産等を機に夫婦で考えなければならない「夢のマイホーム」。ほとんどのカップルが家を建てるのは一生に一度の事で、わからないことも多いと思います。 新築の家を建てるのは未体験だけど、慎重に後で後悔し …

デザイナーズ住宅のデザインをまとめてみた。

せっかく建てる一軒家ならこだわりの一軒家を建てたい! となると、デザイナーズ住宅って気になりますよね。 でもデザイナーズ住宅と一言で表してもその見た目は様々。ということで今回はデザイナーズ住宅の外観に …

【ここに注意!】福井で新築一戸建てを建てる際の見積書

福井で新築一戸建てを建てる場合、契約書を結ぶ前に見積書をまず確認することとなります。 建売の物件であれば、現物を見て契約を結べば良いですが、注文住宅の場合現物を見て購入するということができません。 な …