リフォーム

【二世帯必見】断熱リフォームで入浴時の寒さを解消しよう!

投稿日:2018年1月12日 更新日:

結婚を機に、親から二世帯同居の話をもちかけられる夫婦も多いのでは?

二世帯同居するならせめてバスルームだけでもリフォームしたいと考えている方は必見

バスルームが寒い原因とその解決策をご紹介します。

 

バスルームが寒い3つの原因と解決策

寒さの原因①窓から冷たい空気が入ってくる

バスルームが冷える最大の原因はだとご存知でしたか?

湯舟に浸かっていて、窓からひんやりとした空気が下りてきてぶるぶる震えた経験がある方も多いはず。

古いお家だと1枚ガラスにアルミサッシという組み合わせが多く、とても断熱性が低いんです。

【解決策】ガラスはペアガラス(2枚重ね)かトリプルガラス(3枚重ね)に!フレームは樹脂製に!

昔は窓ガラスといえば、1枚ガラス+アルミサッシという組み合わせが一般的でしたが、今では3枚重ねのトリプルガラス+樹脂フレームという最強の組み合わせがあるんです!

樹脂はフライパンの取っ手など、私たちの身の回りでもよく使用されている素材です。

樹脂製のフレームはアルミ製よりもなんと、1000倍も熱を伝えにくく、さらに冬場のいや~な結露もできないんです!

アルミサッシだと水滴でびっしょりになってカビが生える原因にもなってしまいます。

ただ、やはりこれだけ性能が高いと、価格もアルミサッシの2倍と高額です。

しかし、実際、温度にするとアルミサッシの窓より樹脂窓の方が冬場で4℃も高くなるので、2倍の金額を支払う価値は十分ありますよね♪

寒さの原因②暖房がないうえに、換気扇から冷たい空気が入ってくる

バスルームがジメジメするのが嫌で、換気扇をつけたまま入浴するというご家庭も多いのでは?

古いおうちだとバスルームには暖房機能などがないうえに、換気扇をつけるととても寒くて裸になるのが嫌になっちゃいますよね。

【解決策】「浴室換気暖房乾燥機」を設置する

浴室換気暖房乾燥機は、バスルームの換気と暖房、が同時にできるうえに、衣類の乾燥などもできちゃうんです!

さらにメーカーによってはミストサウナ機能やカビ抑制機能、衣類脱臭機能、自動運転機能、タイマー設定などがついたものもありますよ♪

ご自身のニーズに合った機能のものを選びましょう。

また、この浴室換気暖房乾燥機には、天井埋め込み型の「ビルトインタイプ」や「天井付けタイプ」、「壁掛けタイプ」があります。

ビルトインタイプにはバスルームのみに対応しているもの、バスルーム+脱衣所に対応しているものがあります。

この脱衣所にも対応しているタイプならお風呂に入る前や後も暖かく快適ですね♪

そして、ビルトインタイプは見た目がすっきりしているので、バスルームをまるごとリフォームする際はこのビルトインタイプがオススメです!

まるごとリフォームしない方も、今お使いのの換気扇を取り外して設置することのできる天井付けタイプや、今お使いの換気口を利用して設置する壁掛けタイプなら簡単に取り付けることができますよ♪

寒さの原因③ユニットバスまわりの外壁の断熱対策がされていない

古いおうちの浴室回りには断熱材が施工されていないことが多く、さらに壁や床がタイル張りになっているともう最悪。

浴室の中がとっても寒くて、体を洗っている間もシャワーでお湯を出しっ放しにしている方も多いのでは?

【解決策】断熱材の施工+断熱ユニットバスに交換する

ユニットバスの断熱性を高めるには、ユニットバスのまわりをできるだけ断熱材で囲う必要があります。

壁だけではなく、天井や床下の断熱もとても重要なんです。

中でも特に重要なのが床下の断熱

ユニットバスの床下には基礎断熱が適しています。

(基礎断熱とは、建物の基礎となるところに断熱材を用いてバスルームを外の冷たい空気から守るように床下から囲う方法のことをいいます。)

また、このようにユニットバスまわりに断熱材を施工するには、ユニットバスをまるごと交換する必要があります。

最近ではユニットバスの床面が断熱式になっていたり、壁面にも断熱パネルが使用されていたりと、ユニットバス自体が断熱性の高いものがあります。

性能が高い分、コストは高くなってしまいますが、バスルーム内が暖かいため浴槽のお湯が冷めにくく、追い炊きをしなくてすむことから、ランニングコストを考えればむしろとってもお得ですよ♪

『Re:CRAFITだからできること』

せっかくバスルームが暖かくなっても、脱衣所が寒いままではお風呂に入るのがいやになってしましますよね。

Re:CRAFITなら、バスルームを解体工事した、その時にしかできない脱衣所の断熱リフォームもまとめてご提案します!

実はバスルームにはユニットバスが組み込まれていて、天井部分に空きスペースがあり、脱衣所にも同じく天井部分に空きスペースがあるんです。

バスルームのユニットバスを解体したときにできる天井部分の空きスペースを利用して断熱材をバスルーム+脱衣所にも施工することができます!

バスルームを断熱リフォームするなら、Re:CRAFITで脱衣所もぽかぽか快適に断熱リフォームしてみては?

 

 

-リフォーム
-, , , ,

関連記事

【リフォーム必見】最近のシステムキッチンが高性能すぎる!

ママにとってキッチンはいちばん効率よく家事をこなしたいスペース。 毎日面倒だったお料理や後片付け、キッチン周りの掃除も高性能なシステムキッチンにリフォームすれば、楽しくなっちゃいますよ♪ ママ思いなオ …

洗面所をメイクルーム仕様にリフォームする際の5つのポイント

洗面所でお化粧をしているとき、使いづらくてイライラしたことはありませんか? お化粧がしやすいメイクスペースにもなるような洗面所にリフォームすれば、毎日面倒だったお化粧も楽しくなっちゃいますよ♪ メイク …

奥様大感動!?水回りまるごとリフォーム

目次1 キッチン、トイレ、洗面所、お風呂場、毎日の暮らしで欠かすことのできない場所。だからこそ常に綺麗にしておきたい。 家中を動き回って毎日大忙し。とにかく時間に余裕がない!そんな悩みを抱えた奥様! …