新築

【光熱費が安くなる!?】新築オール電化住宅の特徴やメリットは?

投稿日:2018年4月5日 更新日:

福井で新築マイホームを建てた先輩夫婦の多くが、「オール電化住宅」にするかどうか検討されたそうです。新築マイホームを検討されていない方でも、電力会社や家電量販店がオール電化の宣伝をされているので興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

オール電化にすればガスよりも光熱費を抑えることができ、火事になる危険性も低くなると言われていますが、実際にはどうでしょうか?

そこで今回は、オール電化住宅にすることのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。これから新築マイホームをお考えの方、またリフォームをお考えの方必見です。

オール電化とは?

そもそもオール電化とは何でしょうか?

オール電化とは調理、給湯、暖房など熱源を必要とする家庭内の機器をすべて電気でまかなうものです。

一般的な住宅は、調理や給湯はガス、照明や空調は電気と熱源を分けて利用しています。これらをすべて電気でまとめることで、光熱費を抑え、省エネで安心して暮らしていける住宅にしています。

 

オール電化にするメリット

それでは具体的にオール電化にするメリットを見ていきます。

 

ガスを使わないから安全でクリーン

オール電化にすることにより、ガスや石油などの化石燃料を使うことがありません。そのためガス漏れの心配もなく、一酸化炭素が発生する危険性もありません。現代の住宅は一般的に高気密・高断熱の住宅が多いので、現代の住宅に適し、かつ安全に暮らすことができます。

また、オール電化にすることで火も使うこともなくなります。調理時にはIHクッキングヒーター、給湯には次世代型給湯器、すなわちエコキュートを使用します。

そのため、火災の危険性が格段に下がり、子供や高齢者の方でも調理やお湯を沸かせることがメリットとなります。

 

ランニングコストがガスよりも安い

コストについてもメリットがあり、ガスと両方利用していた時よりも光熱費を抑えることが可能です。実際に住まれる方の人数にもよりますが、オール電化を導入した場合、月平均の光熱費は約13,000円前後です。

もし、現在ガスや電気合わせて13,000円以上光熱費がかかっている場合は、オール電化を検討すると良いでしょう。

 

火災保険やローンの金利が安くなることも

オール電化にすることで享受できるメリットはほかにもあります。

オール電化住宅は火災になる危険性が低いので、火災保険が割安になったり、住宅ローンの金利が優遇される場合があります。保険代理店の方や銀行マンにオール電化にする旨を伝えて、火災保険が安くなったり金利が安くならないか交渉すると良いかもしれません。

 

オール電化にするデメリット

それでは続いて、デメリットを見ていきます。

 

高額な初期費用

一番考えられるデメリットは、やはり初期費用です。オール電化にする上で必要な設備として「IHクッキングヒーター」「エコキュート」が挙げられます。

設備としては20万から30万円のものが多いですが、工事費を含めると二つで70万円前後必要です。ガス給湯器の導入にかかる費用が工事費込みで20万円程度なので、オール電化の初期費用は高いといえます。

しかし、オール電化の工事も住宅ローンに含めて借り入れを起こせば、支払いを先延ばしすることが可能です。また、オール電化住宅であれば電気料金が5%程度割引となり、先ほどご案内した金利や火災保険の優遇も受けることができます。

 

長い目でみれば得

初期費用に目が奪われがちですが、オール電化はランニングコストがガス+電気よりも安いので継続して利用すれば得をします。世帯人数にもよりますが、一般平均の家庭でみると、平均で月額8000円~1万円程度の光熱費の削減効果が期待できます。

設備と工事費で70万円であれば、約6年程度で元をとることができます。今現在光熱費をいくら支出しているか計算してみて、いくら安くなるかシュミレーションしてみましょう。

 

太陽光発電でさらにお得に

オール電化に切り替えると、夜間料金が安く、昼間料金が高くなります。一番電気代のかからない使い方としては、電気は夜だけ使って昼間は極力使わない方法ですが、お昼も使いたい場合はどうしたらよいでしょうか?

その場合、太陽光発電もオール電化と一緒に検討しましょう。電気代が割高となる昼間の電気は太陽光発電で発電された電気を使えば、電力会社から電気を購入する必要がなくなります。

また、余った電気で売電収入を得られる可能性もあります。初期費用は確かに高額ですが、太陽光発電をセットで導入することでランニングコストを抑えることができます。

 

停電に弱い

ガスを併用している一般住宅の場合、災害時の停電でもガスを利用することができます。

しかし、オール電化住宅の場合、停電するとお風呂やコンロを使うことができません。すべての電気でまかなわれているオール電化住宅は、停電時一切機能しません。

ただ、阪神・淡路大震災や新潟中越地震の時、一番早く復旧したライフライン「電気」でした。

東日本大震災時も数日で主要エリアは復旧しましたが、一部のエリアでは復旧に3か月要したところもあります。オール電化にする場合は、停電した場合を想定してカセットコロン等用意しておくと良いでしょう。

 

まとめ

今回、オール電化の特徴やメリット・デメリットをお伝えしてきました。新築マイホームを建てる際参考にしてみてください。

初期費用は最初支出しなければなりませんが、毎月のランニングコストを抑えられ、安全な生活を送ることができます。実際に見積もりを取ってみて、採算がとれるかシュミレーションした上でオール電化にするか検討されると良いでしょう。

クラフィットハウスではオール電化のご相談も承っていますので、お気軽にご相談ください。

オール電化の相談はこちらからどうぞ

 

-新築
-, ,

関連記事

子供が元気いっぱいに遊べる遊具や楽しい仕掛けのあるおうち

子供は5才くらいになると、活動が活発になり口も達者に! 遊んで遊んでの時期はママがイライラする場面も多くなったり?! それなら家の中に子供が遊べる空間を!子どももママも嬉しい一石二鳥な仕掛けとは!? …

福井の工務店で家を建てる時のメリット・デメリット

念願の新築一戸建てを建てると決まったはいいが、どこの建築業者に依頼しようか迷っていませんか? 家を建てる建築業者の中には、ハウスメーカーだけでなく工務店に依頼することもできます。 今回は、福井で家を建 …

【知らなきゃ恥ずかしい】知っておきたい住宅用語

結婚や出産を機に、マイホームを建てようと考えるご夫婦が多いと思います。 しかし、ほとんどの夫婦が新築一戸建てを建て事がないので、わからないことも多いはず。 わからないことをそのままにしておいて、実際に …

【ここに注意!】福井で新築一戸建てを建てる際の見積書

福井で新築一戸建てを建てる場合、契約書を結ぶ前に見積書をまず確認することとなります。 建売の物件であれば、現物を見て契約を結べば良いですが、注文住宅の場合現物を見て購入するということができません。 な …

憧れの家づくり躯体を知らずに何を知る!!

躯体ってなにと思う方のほうが多いのではないでしょうか?? 躯体とは、建物を支える骨組みにあたる部分のことです。 基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、筋かい、床、屋根 (梁など)などの事を指します。 …